ローン借り換え比較は金利で!

ローン商品の進歩というのは、日進月歩といったところがあります。
ローンとは長く付き合っていくものなので、ローン選びは特に重要になります。
しかし、自分がローンを契約した後に登場したローンが、
非常に魅力的なものであったという場合、もう後の祭りなのでしょうか。
そんなことはありません。
一度組んでしまったローンであっても、ローン借り換えをすることはできます。

しかし、ローン借り換えをするためには、
しっかりとローン借り換え比較をしなければなりません。
では、ローン借り換え比較をするには、どのようなところを見ていけばいのでしょうか。

ローンの借り換えの時は金利に注意

それは金利です。
長期間にわたるローンの場合、ほんのわずかな金利の違いでも、
結果的には支払い総額に大きな影響が出てきます。
ローン借り換え比較をする際には、まずは金利をしっかりと比較しましょう。

住宅ローンの場合

特に住宅ローンの場合、固定金利か変動金利かで、金利が大きく変わってきます。
固定金利は景気変動に左右されず安心といわれており、
変動金利は固定金利よりも概して低金利です。
安定を取るか、金利の低さを取るかは、
ローン借り換え比較で考えなければならないポイントです。

金利だけでなく手数料についても考えておく必要がある

納得行く結論を出せたからといって、すぐにローン借り換えをしてはいきません。
ローン借り換えには、それなりの手数料のようなものがかかります。
借り換え前のローン会社は、予定されていた利息収入が入って来ないということになり、
計算もしなおさなければなりません。
その違約金のようなものも支払わなければなりません。